RSS | ATOM | SEARCH
重曹でフローリング掃除
環境にも、自分にも優しいと、近年人気の高い重曹。

住まいの洗剤として利用する人も増えていますが、
フローリングの掃除にも、使えるのでしょうか。

重曹は弱アルカリ性で、油脂やたんぱく質をある程度分解できる
性質を持っているため、洗剤として、利用されることも多くあります。

重曹の特長を生かして利用すれば、環境にも体にも優しい洗剤として
役に立つため、人気があります。

この重曹、フローリングの掃除に使うには、少し注意が必要のようです。

先にも書いたように重曹は弱アルカリ性で、油脂やたんぱく質を分解します。

フローリングには、表面を保護するためにワックスが施されていることが
一般的で、ワックスは油性ワックス、ロウを使った水性ワックス、
合成樹脂を使用した水性樹脂ワックスがあります。

これらのワックスに共通することは、重曹の特性に弱い面を
持っていると言うことです。

油性ワックスやロウを使った水性ワックスは、重曹の油脂を分解する
特性に弱く、水性樹脂ワックスは、剥離剤が強力アルカリ性であることから、
アルカリ性に弱いことがわかります。

このため、住まいの洗剤として、重曹を水に溶かして利用する場合よりも、
さらに薄めた状態で、時々利用する程度ならば、すぐに問題が起きる
ようなことはありません。

しかし、全体的に見れば、ワックスを施したフローリングの
掃除に、重曹は不向きと言わざるを得ないでしょう。

ですから、ナチュラルクリーニングの本やホームページでは、
フローリングの掃除に使う洗剤として、クエン酸を挙げている場合もあります。

しかし、クエン酸も弱酸性と刺激が強いため、決してフローリングの掃除に
向いていると言うわけではないようです。

今のところ、ナチュラルクリーニングで、フローリング掃除に向いている洗剤は、
みかんの皮や米ぬか、牛乳といった昔ながらの知恵的なものしかないと
いえるようです。

重曹の特徴から、ワックスを施したフローリングを日常的に掃除するために、
重曹は向いていません。

たまに、ごく薄めにした重曹液を利用して掃除する程度なら、大きな問題は
起き難いようですが、
目立たないところで、試してから使うなど、慎重な利用が必要でしょう。

JUGEMテーマ:家事・掃除・片付けがんばろう〜♪
 
author:ebon, category:掃除の仕方, 21:50
-, -, - -