RSS | ATOM | SEARCH
フローリングの補修

 フローリングにワックスを掛ける前に、傷の部分は補修してから
ワックスを掛けましょう。

フローリングの補修は、傷の程度を良く見てから、行います。



≪傷の程度が少ない≫
ワックスの塗りなおしで対応できるでしょう。
色が剥げちゃっているような場合には、クレヨンタイプの
フローリング補修剤を塗ってから、ワックスを塗るといいでしょう。



≪傷の程度が中程度≫
クレヨンタイプのフローリング補修剤で、傷を埋めるようにしていきます。
いくつか色がありますから、うまく組み合わせて、フローリングに近い
違和感のない色が出せるように工夫しましょう。

色を混ぜていって、だんだん灰色になってきた場合には、
色の混合が限界に近づいている証拠。
やり直したほうがいいようです。
フローリング補修剤で傷を目立たなくしたら、ワックスを塗ります。



≪傷の程度がひどい≫
傷がへこんでいる、えぐれているなどのひどい場合には、
ちょっと大掛かりな補修が必要です。

使うものは、パテタイプのフローリング補修剤です。
傷がへこんでいる場合には、少量のパテ補修剤を傷の上に乗せ、
押し込んでいきます。

握りやすくてスベスベしていて、平らなもの(プラスチックの
石鹸ケースや印鑑ケースなど)で、押し込んだパテの上
をこすると、きれいに平らになります。

傷の大きさがある場合には、埋めた部分にアクリル絵の具などで、
木目を書くと、さらに目立ちません。

最後にワックスを掛けます。

えぐれている傷の場合には、傷の周囲に出来たえぐれの盛り上がりを
スプーンの背を使って、傷のへこみの方へ押しこんでしまいます。

どうしても、押し込めない場合には、カッターナイフで切り取ってしまいましょう。
それから、パテ補修剤を傷に押し込んでいき、表面を平らにし、ワックスを塗ります。



フローリングの補修は、割と簡単にすることが出来ます。

パテが必要なほどの大きな傷は、なかなか出来ないでしょうから、
クレヨン型の補修剤を常備しておくと、安心ですね。

最近は100円ショップのフローリング補修クレヨンでも、十分な使えるようですよ。

author:ebon, category:掃除の仕方, 22:04
-, -, - -