RSS | ATOM | SEARCH
重曹でフローリング掃除
環境にも、自分にも優しいと、近年人気の高い重曹。

住まいの洗剤として利用する人も増えていますが、
フローリングの掃除にも、使えるのでしょうか。

重曹は弱アルカリ性で、油脂やたんぱく質をある程度分解できる
性質を持っているため、洗剤として、利用されることも多くあります。

重曹の特長を生かして利用すれば、環境にも体にも優しい洗剤として
役に立つため、人気があります。

この重曹、フローリングの掃除に使うには、少し注意が必要のようです。

先にも書いたように重曹は弱アルカリ性で、油脂やたんぱく質を分解します。

フローリングには、表面を保護するためにワックスが施されていることが
一般的で、ワックスは油性ワックス、ロウを使った水性ワックス、
合成樹脂を使用した水性樹脂ワックスがあります。

これらのワックスに共通することは、重曹の特性に弱い面を
持っていると言うことです。

油性ワックスやロウを使った水性ワックスは、重曹の油脂を分解する
特性に弱く、水性樹脂ワックスは、剥離剤が強力アルカリ性であることから、
アルカリ性に弱いことがわかります。

このため、住まいの洗剤として、重曹を水に溶かして利用する場合よりも、
さらに薄めた状態で、時々利用する程度ならば、すぐに問題が起きる
ようなことはありません。

しかし、全体的に見れば、ワックスを施したフローリングの
掃除に、重曹は不向きと言わざるを得ないでしょう。

ですから、ナチュラルクリーニングの本やホームページでは、
フローリングの掃除に使う洗剤として、クエン酸を挙げている場合もあります。

しかし、クエン酸も弱酸性と刺激が強いため、決してフローリングの掃除に
向いていると言うわけではないようです。

今のところ、ナチュラルクリーニングで、フローリング掃除に向いている洗剤は、
みかんの皮や米ぬか、牛乳といった昔ながらの知恵的なものしかないと
いえるようです。

重曹の特徴から、ワックスを施したフローリングを日常的に掃除するために、
重曹は向いていません。

たまに、ごく薄めにした重曹液を利用して掃除する程度なら、大きな問題は
起き難いようですが、
目立たないところで、試してから使うなど、慎重な利用が必要でしょう。

JUGEMテーマ:家事・掃除・片付けがんばろう〜♪
 
author:ebon, category:掃除の仕方, 21:50
-, -, - -
フローリングの補修

 フローリングにワックスを掛ける前に、傷の部分は補修してから
ワックスを掛けましょう。

フローリングの補修は、傷の程度を良く見てから、行います。



≪傷の程度が少ない≫
ワックスの塗りなおしで対応できるでしょう。
色が剥げちゃっているような場合には、クレヨンタイプの
フローリング補修剤を塗ってから、ワックスを塗るといいでしょう。



≪傷の程度が中程度≫
クレヨンタイプのフローリング補修剤で、傷を埋めるようにしていきます。
いくつか色がありますから、うまく組み合わせて、フローリングに近い
違和感のない色が出せるように工夫しましょう。

色を混ぜていって、だんだん灰色になってきた場合には、
色の混合が限界に近づいている証拠。
やり直したほうがいいようです。
フローリング補修剤で傷を目立たなくしたら、ワックスを塗ります。



≪傷の程度がひどい≫
傷がへこんでいる、えぐれているなどのひどい場合には、
ちょっと大掛かりな補修が必要です。

使うものは、パテタイプのフローリング補修剤です。
傷がへこんでいる場合には、少量のパテ補修剤を傷の上に乗せ、
押し込んでいきます。

握りやすくてスベスベしていて、平らなもの(プラスチックの
石鹸ケースや印鑑ケースなど)で、押し込んだパテの上
をこすると、きれいに平らになります。

傷の大きさがある場合には、埋めた部分にアクリル絵の具などで、
木目を書くと、さらに目立ちません。

最後にワックスを掛けます。

えぐれている傷の場合には、傷の周囲に出来たえぐれの盛り上がりを
スプーンの背を使って、傷のへこみの方へ押しこんでしまいます。

どうしても、押し込めない場合には、カッターナイフで切り取ってしまいましょう。
それから、パテ補修剤を傷に押し込んでいき、表面を平らにし、ワックスを塗ります。



フローリングの補修は、割と簡単にすることが出来ます。

パテが必要なほどの大きな傷は、なかなか出来ないでしょうから、
クレヨン型の補修剤を常備しておくと、安心ですね。

最近は100円ショップのフローリング補修クレヨンでも、十分な使えるようですよ。

author:ebon, category:掃除の仕方, 22:04
-, -, - -
フローリングの黒ずみ掃除

 フローリングに黒ずみができることがあります。


フローリングの黒ずみは、ほこりや汚れがの蓄積だったり、
ペットの排泄物や油汚れを放置だったり、トイレや洗面所なら、
水分がしみになったなったなど、様々な原因が挙げられます。



この様に黒ずみの原因は様々ですが、原因によって対処法も異なります。


ほこりや汚れの蓄積、油汚れの場合、ワックスにこびりついたり
ワックスに混ざってしまったりして、黒ずみが落ちなくなって
しまっているため、ワックスを剥離し、きれいに掃除し、
再びワックスがけをします。


これで、黒ずみはきれいに落ちます。


水分がしみになったり、排泄物がしみになったりした場合も、
自分でできる処置は、ワックス剥離、掃除、再ワックスですが、
必ずきれいになるとはいえません。


水分が原因でカビになってしまって、黒ずんでいる場合などは、
自分では完全にきれいにすることができない場合もあります。


自分で落とすことができない場合には、専門業者にお願いするしかありません。
どうしても落ちない場合で、フローリングをきれいにしたい場合には、
張り替えということになります。


フローリングの黒ずみは、ワックス剥離できれいになる程度のものなら、
自分でも掃除できますが、水周りの黒ずみやペットの粗相が原因の黒ずみは、
カビであることが多く、自分では掃除し切れません。


そうならないためにも、定期的なワックスが大切なのです。

author:ebon, category:掃除の仕方, 20:57
-, -, - -